前のページ
一覧へ
次のページ

DOーSアウトバストリートメントSP

2019年11月08日 15:36



DO-Sでは 毛髪研究の第一人者
新井先生の開発した新しいケラチンを
試験販売しております。

 このケラチンは
どういうものかというと・・・

 エイジング(加齢)による影響や
ヘアカラーやパーマ、縮毛矯正などで
ダメージを受けた毛髪は

S-S結合(シスチン結合)が少なくなっています。

 これらのダメージした毛髪には
破損したS-S結合の欠片である「-S」があります。
その毛髪に残っている欠片「-S」に
この特殊ケラチンが しっかりとS-S結合し
分子レベルで再生することが可能なのです。

※毛髪に結合するケラチン?
今までのものと何が違うの?

髪の毛の結合には何種類もあります。

髪の毛の命とも言われる
強い結合であるペプチド結合とか
pHの変化で切断、結合するイオン結合や
水で濡れただけで切れちゃう水素結合とか・・・

今回のケラチンの S-S結合は
(シスチン結合、ジスルフィド結合ともいう)
パーマや 縮毛矯正でも使用されてる
かなり強固に結合する 結合です。

 従来のヘアトリートメントの
成分などで言われてる結合は
S-S結合のような強固な結合ではなく

比較的簡単に切断されるような弱い結合や
結合というより 吸着といって
ただくっついているだけだったりなんです。

今回の特殊なケラチンの場合は
S-S結合なので 同化、再生とまで
言われるような 強固な結合で

従来のケラチンとは
まったく違うものなのです。

 そして この新しいケラチンを配合した

アウトバストリートメント

(洗い流さないトリートメント )

を製作しました!

 DO-S的 洗い流さないトリートメント

DO-S アウトバストリートメントSP

 定番の染みこ〜むDO-Sトリートメントに
新ケラチンを配合し 洗い流さないタイプの
アウトバストリートメントにしました!

 実はこれ 結構 シャバシャバな
ヘアミルクとか エマルジョンって感じ。

油分もちょい少なくし あまり
べったりしない感じのヘアケアのベース剤!
化粧でいうと基礎化粧にあたるもんですね♪

 DO-SアウトバストリートメントSPは
アウトバス使用で いろんな髪質、
ダメージ具合にも対応可能なように
油分をかなり少なくして軽めに作ってます。

 浸透しやすく保湿効果も狙って
乳液のようなミルクタイプで

イメージ的にいうと
油分少なめのDO-SトリートメントSPと
ヘアーミストSPをミックスした感じ(笑)

 油分やカチオン系の皮膜成分は
かなり少ない作られてますので

軽い質感でベタつきは少ないですが
あまりツルツルって感じでが御座いません。

そう 手触りや櫛通りは さほど
良くありませんのでご了承ください。

 
詳しい使用方法は・・・

 健康毛や 櫛通りの悪くない方で
お風呂では DO-Sシャンプーのみで
DO-Sトリートメント を使用しない方は

アウトバスで毛先など少しパサつくトコだけ
DO-Sアウトバストリートメントを
適量つけるだけのヘアケアでいけます!

 ペタっとボリュームの出ない
軟毛、細毛、猫っ毛さんや
軽いダメージ毛の方などは
洗い流さないトリートメントとして

お好みの質感になるよう使用量で調整して
そのままで使用してください。
ベタつくようなら量は控えめにね♪

 ヘアカラー、パーマ、縮毛矯正などでの
ダメージ毛や バサバサで広がりやすい方は
DO-Sトリーメントをミックスしてもいいですし

油分が欲しければ DO-Sオイルや エマルジョンを
乾燥が気になるなら DO-Sフェイスアクアとかを
ミックスして使用しても良いと思います。

 あと あらゆる髪質、ダメージでも
スタイリング後にヘアクリームとして
少量を毛先中心に塗布しても
パサつき予防には効果的かも?です♪

 まとめると・・・

 DO-SアウトバストリートメントSPは
比較的軽めのさっぱりタイプですので

普通毛〜あまりダメージが無い方や
細毛、軟毛の方は そのままで使用して

 ダメージ毛や指通りの悪い方や
ボリュームの出やすい方などは

他のアイテムをミックスして
好みの質感に調整すれば良いのです。

 そして スタイリング最後に
ヘアクリームの要領で
少量を馴染ませます♪

 

前のページ
記事はありません
一覧へ
次のページ
記事はありません
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)